分離不安について

分離不安とは、母親などの家族と常に一緒でないと不安で、離れられないという状態です。分離不安から、幼稚園や学校に行けないということもあるかもしれません。なにかのストレスで、一時的に不安がたかまっている状況や、ベースに発達障害などの要因がある場合などが考えられます。本人を安心させるようなかかわりをしながら、原因を考えていくことが大切です。

具体例

6歳、女児。小学校入学後すぐに、不登校になりました。母親と離れるのが苦痛で、朝登校を促されると大泣きして、動こうとしません。家の中でも常に母親にくっついています。外出中も母親のそばから離れず、「お母さんが見えるところにいないと自分は誘拐される」と訴えます。

有病率

アメリカの成人における分離不安症の12か月有病率は0.9~1.9%です。子どもでは、6~12か月有病率がおよそ4%程度と見積もられています。子どもは男女ともに多く、一般人口では女性のほうに多く見られます。

経過

典型的には、寛解と増悪の期間があります。ただし、家族からの分離が起こるかもしれないことへの不安や、分離が起こる状況(例:進学や就職で1人暮らしを始めるなど)を避ける行動が、成人になるまで続く人もいます。

治療

分離不安障害の初期治療には、認知行動療法、家族教育、家族精神療法など、多様な治療が推奨されています。薬物療法では、SSRIが有効であると分かっています。

Copyright(c) 2013 小田井メンタルクリニック All Rights Reserved.