抜毛症について

抜毛症は自分で自分の髪の毛などを抜いてしまう、無意識に抜く、自分でやめたいと思いながらも繰り返してしまう病気です。小学生から高校生に多く見られ、自然に治る場合も多いですが、見た目に目立ってしまうと人前に出たくないなど日常生活に支障を来たしてしまいます。

具体例

13歳、女児。幼い頃から内気な性格でした。中学に入ってからも友人ができず、放課後はまっすぐ帰宅していたため、時間をもてあましていました。いつの間にか、髪の毛を引き抜くことが癖になり、家族から指摘されてもやめられなくなりました。やがて頭皮が透けて見えるほど髪の毛がなくなり、学校ではヒソヒソと陰口を言われます。校則で帽子を被ることも許されず、不登校になってしまいました。家族に連れられて精神科を受診すると「抜毛症」と診断されました。

特徴

体毛を引き抜くこと(抜毛)をやめられない障害です。自分自身でやめようと思っても、どうしても繰り返してしまいます。最もよく見られる部位は、髪の毛、眉毛、まつげで、比較的少ない部位は、わき、顔、陰部、肛門周辺です。抜毛は、1日の中で短時間行われることもあれば、何時間も長く続くこともあります。本人はほとんど無自覚に、自動的に抜毛することもあります。

有病率

一般人口(成人と青年)における12か月の有病率は、推定1~2%です。男女比は、約10:1の割合で女性に多く見られます。女性の方が多いのは、髪の毛のないことの社会的ダメージが大きく、積極的に受診するためとも考えられています。子どもの患者さんの場合は、男女差がありません。

経 過

発病平均年齢は10代前半で、最も多いのは17歳以前です。しかし人生の後半での発病も報告されています。経過は、慢性的になる人と、軽快する人がいます。1年またはそれ以下の期間にわたり治療を受けた患者さんの約3分の1が軽快しますが、20年以上も続く場合もあります。13歳以降の発病は慢性的になりやすいと考えられています。未治療の場合には、寛解と憎悪を繰り返す場合があります。女性の場合は、ホルモン変化(月経や閉経期周辺)に伴って症状が悪化しやすいと言われています。

治 療

精神科医と皮膚科医の連携が必要です。精神皮膚疾患の治療に用いられてきた治療法としては、局所のステロイドや水酸化塩酸塩、抗ヒスタミン特性をもつ抗不安薬、抗うつ薬、セロトニン物質、そして抗精神薬があります。うつ病があってもなくても、抗うつ薬によって皮膚症状の改善を認めるとされています。

Copyright(c) 2013 小田井メンタルクリニック All Rights Reserved.