社交不安障害(対人恐怖、あがり症)障害について

社交不安障害は、人前で話すなどの人前にたつ行動に強い不安を感じる病気です。性格の問題と混同される場合もありますが、社交不安障害ではそれらの行動に強い苦痛を感じ、身体症状があらわれて次第にそうした場面を避けることにより日常生活に支障が出るようになってしまいます。

症状

社交不安障害では、他人に悪い評価を受けることや、人の注目を浴びる行動への不安により、動悸や発汗、吐き気、ふるえなどの身体症状が現れます。

治療

抗不安薬やSSRI(心のバランスを整える薬)を使用することが多いです。また、患者様の希望がある場合は、診療の中で、行動療法を用いる場合もあります。

Copyright(c) 2013 小田井メンタルクリニック All Rights Reserved.