チック症について

チックは小児期ではまれな疾患ではありません。 しかも多くのチックは成人するに伴い自然に治癒する傾向があります。 チックとは突発的、急速、 反復性、非律動的、常同的な運動あるいは発声で、発症が18歳未満で4週間以上持続するものをいいます。 チックについては、かつては対人関係や親子関係における心理的葛藤が問題視されて、心理療法や精神療法が治療の主体であった時期がありました。 しかし、重症のチックを発症する家系(トゥレット症候群)があることが知られるようになったことなどから、最近では脳の機能的障害として遺伝的側面も検討されるようになり、とくに脳内ドーパミン受容体との関連が注目されています。 しかしながら、チックは本人が止めようとするとかえって増強したり、ピアノの発表会などの緊張場面で強まることがあるのは確かで、チックは心理状態に影響されやすい疾患でもあります。 またチックを発症する小児の母親が神経質で過干渉という印象を与えることも少なくありません。

種類

チック症・トゥレット症候群

一般的にチック症・トゥレット症候群では以下のような症状が現れます。

音声チック

「アッ」「ウッ」などの声が出る・「フンフン」と鼻をならす・「んっ、んっ」とせきばらいする・奇声を発する・ひわいな言葉や、「バカ」「死ね」などと言う・相手の言葉の語尾を繰り返す・自分で言った言葉を繰り返す。

動作性チック

筋肉がピクンと動く・口のまわりをなめる・頻繁にまばたきをする・顔をしかめる・肩をすくめる・ジャンプする・片足をひきずる・物に触る・口をあける。

トゥレット症候群

複数の動作性チックと音声チックを伴い、症状が1年以上続くものをトゥレット症候群と呼びます。

症状

チックの種類は運動性チックと音声チックに分けられます。
運動性チック  顔面のチックはまばたきや、口をゆがめたり、鼻翼をピクピクした動きなどがあります。頸部では頭をねじったり、前屈、あるいは後屈させたり、1回転させるなどです。肩ではぴくっとさせたり、肩をすぼめたりします。体幹ではそらせたり、ねじったりします。
音声チック  音声チックでは咳払いがもっとも多く、その他単純な音声、複雑な発声、汚言(バカ、死ね、くそババア、卑猥な言葉)などがみられます。

原因

原因は確定していませんが、基底核におけるドーパミン系神経の過活動仮説が提唱されています。また双生児研究などから、遺伝的要因も関与していることも示唆されています。

治療

チックは本人、家族および周囲の人にその症状を理解してもらい、チックの症状が出てもことさら気にせず、日常生活が円滑に行えるようにすることが大切です。チックが心理的葛藤で生ずるという考え方は主流ではなくなりましたが、心理療法、行動療法が行われる場合もあります。
チックは基本的に薬物療法の対象とならない疾患ですが、しばしばの音声チック、多彩な運動性チック、あるいはその両方を認め、学校・家庭での生活が障害される場合、つまり音声チックが授業を妨げたり、本を読むことが全身性チックのために困難だったり、学校で汚言が出ることが心配で登校拒否になったりした場合は薬物療法を行います。

Copyright(c) 2013 小田井メンタルクリニック All Rights Reserved.