重ね着症候群について

重ね着症候群とは

子どもの時に発達障害が見逃されて末診断のまま大人になり、学校や職場など様々な場面でうまくいかない、何らかの精神症状がみられる、といった方が受診されると、「重ね着症候群」1)と判明することがあります。

「重ね着症候群」の定義は以下の通りです。18歳以上 (広義には16歳以上)で、知的障害がなく(IQ85以上)、初診時の主訴はさまざまで (種々の精神症状・行動障害など)、精神症状による診断も多岐にわたります (統合失調症・躁うつ病・うつ病・神経症・摂食障害・対人恐怖症・強迫性障害・境界性パーソナリティ障害・自己愛性パーソナリティ障害など)。こうした主訴や診断名の背後に高機能型の自閉スペクトラム症(広汎性発達障害)の傾向があっても、発達障害を疑われたことがない場合を「重ね着症候群」としています。

一部の方に小児期・児童期・思春期に不登校や神経症などがみられます。しかし、多くの方は高い知能のために学校生活や学業などに適応することができます。そのため、就学時代は発達障害を疑われずに過ごし、診断が遅れ、重ね着症候群となることがあります。

当院の考え方

「重ね着症候群」の方の背後にある高機能型の自閉スペクトラム症(広汎性発達障害)の傾向は、非常に軽微であることが多いです。高機能型の自閉スペクトラム症(広汎性発達障害)の傾向が、明確に表に現れている方は、ほとんどが小児期からアスペルガー症候群などが疑われていますが、「重ね着症候群」の方の場合では、家族や学校の先生など周囲で日常的に関わる人でさえ、発達の偏りにほとんど気づくことがないほど軽微なものが多いのが特徴です。

ご本人やご家族が、乳幼児期から児童期・思春期・青年期・成人期と、発達障害診断にまつわる質問(対人関係における人との情緒的交流のあり方はどうか・自分の言動が相手に与える影響を推測できるか・知覚過敏・過剰記憶・こだわり・衝動的で自分をコントロールできないか、など)をされた時、振り返ってみると「そういえばそのような傾向があった」と気づくことが多いです。青年期・成人期にさまざまな症状を発症したために受診されて、初めて背景の発達障害傾向が明らかになり、それまでなかなか治らなかったり、長い間苦しまれた症状の治療につながることが、少なくありません。

当院では、さまざまな症状が「重ね着症候群」から発生していないかを検討する為、診察において発達障害診断面接をさせていただきます。また必要に応じて心理検査などもおこない、総合的に判断し、診断・治療をおこなっています。

そして、それぞれの患者さんの特徴をできるだけ詳細に知り、能力を活かして生活されることを目標として、治療・支援をしています。

治療について

「重ね着症候群」の場合は、自閉スペクトラム症に応じた治療が必要となります。背後にある自閉スペクトラム症の特性に気づかず、不適切な治療を受け続けている方が多いのも、残念ながら事実です。当院では、「重ね着症候群」の方に従来の支持的・共感的精神療法だけでなく、心理教育や生活指導、療育的アプローチによる治療・支援を中心に行っていきます。

文献

1)衣笠隆幸:境界性パーソナリティ障害と発達障害―重ね着症候群について (精神科治療学 2004. 第19巻. 第6号 P693-699)
2)衣笠隆幸:パーソナリティ障害および病理的パーソナリティの診断、病理の理解と治療 (精神神経学雑誌 2017. Vol.109 No.2 P1151-1156)
3)衣笠隆幸:パーソナリティ障害の診断と精神分析的精神療法 (精神神経学雑誌 2011. Vol.113 No.2 P189-190)
4)衣笠隆幸:パーソナリティ障害と重ね着症候群 (精神科治療学 2014. Vol.29 No.7 P899-904)

Copyright(c) 2013 小田井メンタルクリニック All Rights Reserved.